停車していたバスが死角を生み出す---横断の男児がはねられて重体 <徐行または一時停止をしない馬鹿クルマが何と多いことか!>


徒歩で横断歩道を渡っていた男児に対し、交差進行してきたクルマが衝突する事故が起きた。男児は意識不明の重体となったが、手前に止まっていた路線バスが双方の死角を作り出してしまったとみられている。

2018年6月11日午前7時10分ごろ、高知県高知市内の県道で、徒歩で横断歩道を渡っていた小学生の男児に対し、交差進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。男児は重体となっている。

高知県警・高知南署によると、現場は高知市春野町東諸木付近で片側1車線の直線区間。横断歩道はあるが、信号機は設置されていない。9歳の男児は路線バスから降車し、前方にある横断歩道を徒歩で渡っていたところ、バスを追い抜くようにして右方向から交差進行してきた軽乗用車にはねられた。

男児はクルマの直撃を受け、弾き飛ばされるようにして転倒。近くの病院へ収容されたが、頭部強打で意識不明の重体となった。クルマを運転していた同市内に在住する67歳の女性にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
※追い抜こうとする停車(乗降)中のバスの直ぐ前方に横断歩道があるのに、横断歩道手前で徐行も一時停止もしないドライバーは運転する資格のない馬鹿ドライバーである。死角の先にある横断歩道の手前で徐行または一時停止する。こんな簡単な理屈も解らない馬鹿クルマの犠牲になった被害者(男児)が可哀そうでならない。

道理が解らぬ/守れぬ馬鹿ドライバーは即免許取り消しにするべきである。日本の警察は過失傷害容疑者となり得る馬鹿ドライバーを一体どの位生み出すつもりなのか。今回のような事故は決して過失傷害ではない。馬鹿ドライバーによる『殺傷行為』に値する。

馬鹿ドライバーから免許を取り上げなければ、今後も同じような交通事故は必ず起きる。決して減ることは無い。全国各地で今回と同じような事故が繰り返し起きるのは馬鹿ドライバーの存在+無能な行政が原因である

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
元記事:停車していたバスが死角を生み出す---横断の男児がはねられて重体


郵便局員はもっと学習すべし! 携帯電話機内蔵用のリチウムイオン電池パック(組電池)で27,000mAhの物が今の世の中に存在しますか??


リチウム電池送る際の基準日本郵便




携帯電話機(ガラケー)をレターパックプラスで少し遠方へ送ることになり、郵便局へ持参したところ、電池パックの同梱(or機器内蔵)の有無を問われ、1個同梱していると伝えたところ、では航空機搭載は出来ないので陸路便となります、と伝えられた。

何度か同種の物を送ったことがあるので解かってはいたが、この画一的な郵便局員の対応にはいつも疑問を感じていた。

上表に示すように、リチウムイオン電池の組電池(例:携帯電話機内蔵用の電池パックなど、+と-極が同一面にある電池)の場合、100Wh以下なら航空機搭載が可能である。

では、100Whのリチウムイオン電池パックは何mAhなのであろうか。通常、携帯電話機用の電池パックは3.6~3.7V(1セルタイプ)である。

計算式は、100÷3.6×1000≒27,000mAhとなる。こんな怪物のような、携帯電話機内蔵用のリチウムイオン電池パックは今の世の中には存在していない。最近のスマートフォン用でもまだ5,000mAh以下である。

それでも、郵便局員は、中身が携帯電話機と聞くと(内容表記を見ると)、✖✖の一つ覚えのように、航空機搭載は出来ません、と言い張る。実に情けない限りである。上表の基準を作成した部署員の趣旨は、無知な郵便局員によって木っ端みじんに打ち砕かれているのである

ゆうパック、レターパック、スマートレターでリチウムイオン電池またはリチウムイオン金属電池(各々組電池または単電池に分類)を送る場合、上表の基準を満たし、且つ、指定様式のリチウム電池マークを荷物表面に貼り付ける必要がある。

レターパック封筒表面のいったい何処に貼ればよいものか、ぜひとも郵便局員に一度聞いてみたいものだが・・・、『リチウムイオン電池が入っている物は航空機便では送れません!』、と返ってくるのが落ちであろう。

もう少し学習してほしいものである。


Windows10無料UG機、64→32bitへの変更インストールに成功!


COS Windows7 Professional 64bit のHPデスクトップをWindows10に無料アップグレードして〇年経過。

最初の裡はメモリー4GBでも快調でしたが、Windows10 Ver.1709から1803に更新された直後から色々とHP機が駄々をこねるようになってしまいました。

どうやら、現在のOSで64bitの4GBメモリーでは不足のようです。メモリーを増やす予定は無いので、思い切って32bitに変更することを決断!

当然クリーンインストールになりますので、データを移動保存して、最新版のインストールDISCを作成し、いざインストール実行。

「プロダクトキーはありません」を選択して、しばらく待つと、無事にWindows10 Professional 32bit に変更できました。

インターネットに接続後は、即、デジタル認証されていました。こんなに簡単に出来るなら、もっと早くやっていたらと・・・。やってみるもんですね!

私の用途では、32bitのWindows10(M4GB) の方が快調です。しかし、Windows10のバージョンアップ、どこまで行くのでしょうか。

COS Windows7機と、COS Windows Vista機を所有の当方の宿命として、いつかはWindows10のバージョンアップについていけない時が来ます。その頃には私自身がパソコンについていけないかも知れません・・・。読書の方が良いですかね。


プロフィール

hmtcc

Author:hmtcc
FC2ブログへようこそ。めんどくさいものをあえて探しボケ予防にしています。

QRコード

QR

カウンター