FC2ブログ

安倍首相、総裁3選! <81.8%のゾンビ議員とその首領>  -2018.09.20-


ただ目立ちたいだけの人間が、また日本を駄目にするのか。

この3選が微吉と出るか、特大凶と出るかは、来年の統一地方選や参院選で判明する。

いや、もっと早く裁きが下るかも知れない。 (人間が裁きを下すとは限らない。)

少なからずそれまでは、ゾンビ議員のドンでも良いから、最後ぐらいは真っ当な(まず無理だろうが!)人間として日本を、国民を、護ってくれ。

政界の人材不足はまさに致命的である。仮に、この首相が在任期間歴代一位になるようなら日本は終わる!

それだけ、実のない首相なのである。

国民よ!、虚言とパフォーマンスだけの麻酔から目を覚ませ!。奈落はすぐそこにある。



フジテレビ殿 『未犯システム貸してください!!』 ・・・ 大阪府警


【逃走】
2018年8月12日、大阪府警富田林署で勾留中だった樋田淳也(ひだ・じゅんや)容疑者(30)が署内で弁護士と接見後に逃走した。

【認知】
8月12日午後9時43分、署が逃走に気付く。弁護士と接見していたはずの樋田容疑者が面会室におらず、署内に非常ベルが鳴り響いた。「留置人逃走! 樋田淳也、30歳」。署員が約7分後、府警本部通信指令室に110番。1分後、府南部の計17署に限定した緊急配備が発令された。その時点では「たった今逃げた」との認識だったが、実際にはその1時間以上前に逃げていた

【情報発信】
13日午前6時28分、事件発覚から約9時間後事前登録者に府警が防犯情報を知らせる「安まちメール」を配信した。メールは計21万人が登録し、配信を希望する地域などを選ぶ仕組み。しかし府警は当初、対象地域を「富田林署」に限定して配信したため、約6000人にしか届かなかった。

また、署は周辺自治体との間で、住民に危害が及びかねない事件が起きた場合に情報提供し、防災行政無線で注意喚起してもらうよう覚書を結んでいたが、署が自治体に要請したのは事件発覚の約15時間後で、無線が活用されたのは署周辺の4市町村だけだった。幹部は「前例のない事態で対応に手間取った」と明かした。



大阪府警によると、事件後、府民らから「管理が甘い」「失態だ」などと多くの苦情が寄せられ、8月24日現在で計2866件に達している。

平成最大の警察不祥事になりつつある!!


53年間の地震調査研究に 税金6,540億円 を使ったが、最終結論は『地震はいつ起きるか分かりません。』 ・・・・大昔からそうだ!


地震調査研究予算一覧表S40~H29迄リサイズ




6,540億円あれば、

A) 崖斜面の法面補強が 1,500万m2 以上出来る。

B) 河川の堤防補強が 32,000km 以上出来る。(H24.9国交省発表緊急堤防補強等対策事業費から算出)

C) 一般住戸最低耐震等級1から等級3への耐震性能UPが 160万戸 以上出来る。(費用1/2補助の場合)

et cetera



プロフィール

hmtcc

Author:hmtcc
FC2ブログへようこそ。めんどくさいものをあえて探しボケ予防にしています。

QRコード

QR

カウンター