「丁寧な説明をしてきました」、じゃなく、「丁寧に説明してきました」、だろうが! 日本語の使い方も解からないのか。 <A首相の衆院解散表明会見>


「丁寧な説明をしてきました」、じゃなく、「丁寧に説明してきました」、だろうが。日本語の使い分けも解からないのか、まったく恥ずかしい! 

前者は第三者が判断して言うことであり、自分自身で言う言葉ではない。どこまで〇〇!なのか。

もっとも、「丁寧な説明をしてきました」 に対して、今でも国民の65%以上は「森友・加計問題」の説明にはまったく納得していない という事実が国内には岩盤のように存在している。

そして、解散の理由は、消費税(8%→10%)UP分の使い道を幼児教育と(条件付き)高等教育の無償化に使う方針転換の是非について国民の信を問うことであるとした。プライマリーバランス黒字化へ向けた借金返済はまた先送りになった。

これも、選挙に向けて、得票のための一時凌ぎ的な国民向けのアタリの良い公約を作っただけである。(財務省TOPからの入れ知恵か)

記者質問で、「借金返済の財源は様々な無駄をなくしていき、それを充てることは出来ないのか?」と問われたが、A首相からは明確な答弁がなかった。

これを見ても、
まあ、党利党略ご都合主義解散・森友/加計問題回避解散と言われても仕方あるまい。

コロコロと、政策方針(公約)を変える(選挙に勝つためだけに場当たり的に国民受けが良いテーマに変更する)ような現与党に、国民のどの位が投票するのであろうか?

そもそも2019年10月の消費税10%も実際に実施できるのかどうかも先のことはまったく解からない。幼児教育と(条件付き)高等教育の無償化も今はまだまったく絵に描いた餅であり、まだ2年も先の話を、これを恰も今かのような錯誤を誘いつつ有権者の鼻先にぶら下げて票を集めようとしているのが今の与党である。

借金(1000兆円超)大国のTOPの会見としては、余りにもいい加減過ぎる。


性格は変わらない。どこでも『かっこつけ』ばかりである。政治家とはそんなにも自分を良く見せたいものなのか。


国連総会で、A首相が、後先をまったく考えずに発言をした。またまた『かっこつけ』である。

はたから見たら、ジャイアンの後ろで叫んでいるひ弱な泣き虫小僧と同じである。本人はまったく解かっていないが。

平和を一心に願う日本国家国民の代表であるべきA首相の、エゴや『かっこつけ』だけの(軽挙妄動の)振る舞いに、全国民はハラハラしている。


[2017.07.26 / 世情]  李下に冠を正さず ⇒ 馬鹿に冠を被さず <先ずはこれである!>

[2017.04.09 / 世情]  『かっこつけ』ばかりやってると、本当に危うくなる! <2017.04.09日米首脳電話会談>


Jアラート、長野県に発報。 しかし、埼玉県と東京都には発報なし。 これってどういうこと???  <これが現実か、やっぱりな・・・>


北朝鮮ミサイルの飛距離、過去最長 グアム到達距離




長野県にスポットで落ちるのかい???、 その先の埼玉県・東京都は通過しないのかい??? 

これが、我が国の危機管理システムの現実である。 これが、国民の安全安心のためのシステムとは誠に情けない。

表示内容の不十分さは言うに及ばずだが、上記のような出鱈目システムでは、当該自治体&県民にとって迷惑千万の極みとしか言いようがない! 

ミサイルが発射された模様です、と警報を出す国家自体絶対に異常ではないと言えるのか。


プロフィール

hmtcc

Author:hmtcc
FC2ブログへようこそ。めんどくさいものをあえて探しボケ予防にしています。

QRコード

QR

カウンター