FC2ブログ

「眼下の敵」・・・(1957年アメリカ・西ドイツ制作)を観ました。 映画ってほんとうに良いですね!



眼下の敵




1958年1月日本公開の映画 「眼下の敵」 を、BS放送で久しぶりに観ました。字幕版なのも魅力でした。

58年前に作られたこの映画、もちろん今回初めて観たわけではありませんが、まったく色褪せた感じがしませんでした。

それぞれの艦長が部下と話す本音の言葉がとても良く、この時代を生きねばならぬ人間の思いをよく表しています

模型を使った特撮+実写の構成から作られたこの映画、“映画の三要素『脚本、映像美、役者の演技』” すべてが素晴らしい作品です。

映画って、ほんとうに良いですね!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
眼下の敵 - Wikipedia
元イギリス海軍中佐D・A・レイナーの実体験を元にした小説・「水面下の敵」を、20世紀フォックスが映画化した作品。戦争映画・潜水艦映画の古典的名作で、主演のロバート・ミッチャムの代表作の一つである。共演したクルト・ユルゲンスにとっては初のハリウッド映画出演で、戦後ドイツを代表する俳優として知られつつあった彼は本作で知名度をさらに高め、以後、戦争映画でのドイツ軍人を当たり役とするようになった。俳優出身であるディック・パウエルの、映画監督としての代表作でもある。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


関連記事

コメント

コメントの投稿


プロフィール

hmtcc

Author:hmtcc
FC2ブログへようこそ。めんどくさいものをあえて探しボケ予防にしています。

QRコード

QR

カウンター