使用20か月目で(電源入らなくなり)ご臨終! (BUFFALO 地デジ搭載 HDDレコーダー HDD1TB DVR-1/1.0T)



BUFFALO 地デジチューナー搭載 HDDハイビジョンレコーダー HDD1TB DVR-1_1.0T




騒音が半端なく煩かった
BUFFALO 地デジチューナー搭載 HDDハイビジョンレコーダー HDD1TB DVR-1/1.0T が、新品使用開始から20か月目にして、
電源が入らなくなり(電源ON→直ぐ緑LEDが数回点滅した後完全に落ちしてしまう→赤LEDの待機状態ではなく、LED全消灯・電源遮断状態となり)、まったく 起動不能 という故障に陥りました。

初号機が故障した [特有不具合で、録画機能付地デジチューナー(バッファロー DTV-H500R)が壊れた] のは、新品使用開始から38か月目でした。

今回の DVR-1/1.0T は、DTV-H500Rの 半分の寿命 だったことになります。DTV-H500Rの38か月間でも決して長くはありません。4~5年は使いたかったのです。
なのに、後継の新型機である DVR-1/1.0T が20か月目で壊れるとは!!、なんとも情けなく口惜しい限りであります。

もはやBU社(のHDDレコーダー)は信頼に値しないので有償修理も当然しません。一度目の失敗(DTV-H500R故障)の際、PA社かSO社製品に即買い替えるべきでした。(これこそが、○○○いの銭失いですね。)

結局、今度はPA社製品を購入しました。取説の内容からして、使いこなせるかどうかの方が心配になってきましたが、これこそボケ予防には丁度いいと思いますので、ゆっくりと楽しくやっていきます。


関連記事

コメント

コメントの投稿


プロフィール

hmtcc

Author:hmtcc
FC2ブログへようこそ。めんどくさいものをあえて探しボケ予防にしています。

QRコード

QR

カウンター