生活道路で煽られた! 世間には変人奇人(と言うか単なるアホ)がほんと多い。


幅員5mでほぼ200m毎に一時停止マークのある生活道路を制限速度内の30km/hで走行中、突然急速に近づく車がバックミラーに入った。夕暮れ時のヘッドライトの光が突然真後ろに隠れた瞬間、そのままピッタリとお尻にくっ付かれた。

無視してそのままの速度を守っていたが、相変わらず磁石でくっ付いているかの如くまったく離れない。(2両編成車か?)
一時停止3回を経て、次の一時停止へ向かう途中で、スッと脇道に消えた。白い外車(VWかFIAT?)だった。

一時停止で急ブレーキを掛け、追突させたるか!と、つい良からぬ思いが一度は起こったが、年甲斐もないので完全無視することに徹した。

私がいなければ、あの外車はこの生活道路を猛スピードで疾走していたのであろう。この時間のこの道路には帰宅途中の中学生が多く歩いており、また、お年寄りが路側に佇んでいることも多い。狂気の車の犠牲にならずに済んだことは何よりだった。

私自身、遠回りになっても幹線道路を走るべきだったと反省した日であった。


関連記事

コメント

コメントの投稿


プロフィール

hmtcc

Author:hmtcc
FC2ブログへようこそ。めんどくさいものをあえて探しボケ予防にしています。

QRコード

QR

カウンター