FC2ブログ

プレオRA1のライセンスプレート灯電球交換。 首が痛くなった!


RA1ライセンス灯電球交換




プレオRA1のライセンス灯の電球が切れてしまいました(写真中)。簡単そうなので自分で交換してみました。

先ず、リアバンパーを下から覗き込むとライセンス灯カバー(写真上)が見えます。左右の+ビスをドライバーで外します。が、カバーは俄然くっ付いたままで、引いても押しても揺すっても引っ張っても、まったくビクともしません。

頭(眼)をねじ込んでよく見ると、カバーと取付用鉄板の間に黒いシーリングプレート(ガスケット状のゴム板)が付いています。
これが、カバー(プラスチック)にくっ付いていて中々外れません。-ドライバーで少しずつ抉り、やっと外しました。ところが、黒いシーリングプレートも鉄板から外れてしまい、電球ソケットが一緒にほんの少しだけ(配線余裕ほぼ無し)出てきました。見るとT10形電球(12V-5W)は真っ黒に焼けていました(写真中)。

早速、新品のT10形電球(写真下 12V-5W)を差し込み点灯の確認、点灯OKです。でも、ここからが、また一苦労。カバーとシーリングプレートを合わせつつビスを手探りで鉄板ビス穴に先ず仮り止めします。この、首をねじって頭(眼)をバンパー下に突っ込んでの態勢が結構きついです。おまけに、対象物に近ずくと焦点がややぼやけてくるという高齢者落ちまで付いている始末。でも、なんとかやっと左右のビスを仮り止めし、あとは元の位置まで締め込んで完了!

反省点として、①ドライバーは少し短めのものを用意すること(長いドライバーは角度的にライセンスプレートに干渉するのでやり難い)、②できれば車の後部を高くする(輪止めブロックなどにリアタイヤを乗り上げるとか)を考え付かなかったことですかね。

それにしても、普段しないような態勢をとるのは結構きついですね。もう球切れにならないよう願うばかりです。
追伸)
現場で写真を撮ろうとしましたが、なぜかスマホを上向き(下から覗き込む状態)にすると画面が消えてしまい、何回やってもダメでした。


関連記事

コメント

コメントの投稿


プロフィール

hmtcc

Author:hmtcc
FC2ブログへようこそ。めんどくさいものをあえて探しボケ予防にしています。

QRコード

QR

カウンター